FrontPage

http://rsync.samba.org/newrsynclogo.jpg
rsync

よく使うオプション

ローカル同期

$ rsync -avvczAX --delete /home /backup/
  • -a
    • アーカイブ(-rlptgoD 全部と同じ)
  • -v
    • 詳細表示,-v/-vv/-vvv と3つまで付けられる3つでログレベル最大
  • -c
    • チェックサムを確認する
  • -A
    • acl も反映
  • -X
    • xattr(拡張属性)も反映
  • --delete
    • コピー元から削除されたらコピー先も削除する

ssh を使ったリモート同期

  • -e
    • シェルコマンドの指定.以前はrsh/現在はssh をよく使う.鍵の指定や,ポートの指定などssh のoption を指定したい場合は次のようにシングルコーテーションで囲む 'ssh -i /home/user/.ssh/keyfile -p 2222'
  • -z
    • 転送を圧縮
  • --bwlimit
    • 帯域制限(KBPS)
      100Mbps -> 12500KBps
      10Mbps -> 1250KBps
      1Mbps -> 125KBps
      500kbps -> 62.5KBps

ssh 鍵に登録するコマンドの求め方

毎日のフルバックアップを差分から作成

その他

  • -n
    • dryrun.実際は同期しない.
  • -u
    • 同期先に新しいタイムスタンプのファイルがあったらコピーしない
  • --exclude=
    • 除外.ワイルドカードも利用可.
      除外するものが多い場合は除外内容をファイルに書いて指定出来る.
  • -C
    • 除外.以下の辺りが除外される.
      *~ #* .#* ,* _$* *$ *.old *.bak *.BAK *.orig *.rej .del-* *.a  *.olb  *.o *.obj *.so *.exe *.Z *.elc *.ln core .svn/~
  • --rsync-path=/usr/local/bin/rsync
    • 違うシステム間で同期をする場合rsync のパスが違うことがある.そういった場合に相手のrsync path を指定することで解決できる.
  • --iconv=CP932,UTF-8
    • 文字コード変換.この例ではCP932 からUTF8 に変換.iconv に依存.

gzipのrsync option

gzip の--rsyncable を利用したファイルはサイズは増えるけど同期が早くなるらしい.

      --rsyncable
             While compressing, synchronize the output occasionally based on the input.  This increases size by less than 1 percent most cases, but  means
             that the rsync(1) program can much more efficiently synchronize files compressed with this flag.  gunzip cannot tell the difference between a
             compressed file created with this option, and one created without it.


spam 避けですcheck を付けて下さい

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-08-01 (水) 06:37:57 (1845d)