インストール

別ストレージからドライバを読みこませようとして認識しない場合

ドライバがインストールメディアに無いなどで別メディアからドライバを読みこませるときに認識しない場合がある。

/cdrom/drivers にドライバパッケージをコピーする。

このパーティションはro になっているので、rw にしてからcp する

# mount /dev/sdb1 /mnt
# mount -o rw,remount /cdrom
# cp /mnt/driver.pkg /cdrom/driver

インストール時に利用したネットワークデバイスがGnome で利用できない

/etc/network/interfaces で設定されているので、該当デバイス部分をコメントアウトして再起動する。

#allow-hotplug wlan0
#iface wlan0 inet dhcp
#	wpa-ssid HOGEFUGA
#	wpa-psk  HOGEFUGA

root パスワードを設定せずsudo で運用

通常のインストーラではroot のパスワードを設定しないことで可能

expert install では設問が出る

grub-install に失敗する

usb メモリを使ってインストールした時によく起こる。

インストールメモリが/dev/sda になって、ターゲットデバイスがそれ以降になっているが、インストーラの規定では/dev/sda に書き込もうとするため。

「マスターブートレコードに GRUB ブートローダをインストールしますか?」の問に「いいえ」と答える。
「ブートローダをインストールするデバイス」に該当のデバイスを指定する。

Gnome

Gnome でThinkPad? のポインティングデバイス中ボタンでスクロールを有効に

gpointing-device-settings パッケージを利用

※再起動で元に戻ってしまう!

gpointing-device-settings パッケージを導入
実行して、以下のように設定

gpointing-device-settings.png

デスクトップ環境のフォルダ名を日本語から英語にする

$ LANG=C xdg-user-dirs-gtk-update

Tips

-bash: warning: setlocale: LC_ALL: cannot change locale (ja_JP.UTF-8)

Mozc の設定画面を表示する

mozc-utils-gui パッケージを導入

タスクバーのオレンジの歯車の `MozcTool? selector` の `Config dialog` か

$ /usr/lib/mozc/mozc_tool --mode=config_dialog

で起動して設定.

インストール後にキーマップを変更する

$ sudo dpkg-reconfigure keyboard-configuration

Gnome の設定
[システム設定]->[地域と言語]
[レイアウト]タブ

  1. で希望の設定を追加,-で旧設定を削除

kismet REMOVED from testing

>&lt



spam 避けですcheck を付けて下さい

添付ファイル: filegpointing-device-settings.png 669件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-12-26 (水) 04:12:27 (2126d)