FrontPage

再インストールするたんびに探し直すのがめんどくさいのでメモ.

定番

Google Browser Sync

Tabs and Window 以外にcheck 付けて使ってます. 一番始めのsync が結構掛かる. 低スペックマシンだとかなりCPU 食われます. SA1F だとsync 完了まで100%

Tab Mix Plus

新しいウィンドウをTab で開くや,タブバーの多段表示. セッション管理にクラッシュリカバリ辺りを有効に.
最近閉じた多分復活機能もある.間違えて閉じてしまったときに便利.

copyurlplus

タイトルやURL のcopy が簡単に出来る. ただ,対応バージョンが1.5.* 迄なので現行の2.0.* で利用する場合はバージョンチェックの回避が必要. 回避方法は以下を
バージョンチェック回避?

ScrapBook :: Firefox Add-ons

webpage を簡単にlocal に保存.確認.編集等が出来る.

SCRAPBOOK :: Add-ons :: AutoSave

ScrapBook?AddOn?. 閲覧したページの自動保存が出来る.

DownloadStatusbar

ダウンロード画面が出なくなり,下部ステータスバーに表示される様になる.

Sage

RSS アグリゲータ,リーダ.

TAGIRI Toolbar

Youtube やNicovideo のflv のダウンローダ.

Google Toolbar

Google Desktop Search

FireGPG

Gmail でPGP を.

Twitbin

Twitter Client

SwitchProxy Tool

簡単に複数のproxy を切り替え.

bbs2chreader

簡易2ch viewer.リンクの書き換え等もしてくれるので,ttp:// でそのまま飛んだり inu も通らず直で飛べたりする.

用途により

IE View

Firefox の中で指定部分だけIE で読み込まれます.Linux 版Firefox にもInstall だけは出来ました…

Japanize

登録されたサイトの日本語化を行ってくれる.

Adblock Plus

広告画像や,Flash,フレーム等を読み込まないように出来る.指定条件に正規表現も使えたりする.

ChatZilla?

Mozilla では標準で付いて来ていたChatZilla? でもこのExtention は使い勝手がも一つ.普通のChatZilla? かIRC Client を入れた方が良いかも.

Firebug

動的コンテンツの解析やデバッグにすごい役に立ちます.

Fotofox

写真や動画をFirefox からUpload

Gmail Manager :: Firefox Add-ons

Google Gears

対応サイトではoffline 化が可能に.

Google Pagerank Status

Google のPagerank が一目でわかる.

Greasemonkey :: Firefox Add-ons

ReloadEvery?

tab を定期的に再読み込みしたり.

Stylish

ページデザインを書き換えたり.

User Agent Switcher

UA を簡単に切り替え.IE 専用Site とかが読めるようになったりします.

バージョンチェック回避

Extention 側での回避

extention の中にあるファイルを書き換えることによりバージョン範囲を広げ,チェックを回避する方法.

以下はMac OS X かつCopyURL+ 1.3.2での例.

~/Library/Application Support/Firefox/Profiles/7jb5bi4s.default/extensions/{F78DC607-BB30-4e13-9E47-2C2E162E9094} /install.rdf

の,  <em:maxVersion>1.6.*</em:maxVersion> の様になっている部分を  <em:maxVersion>2.0.*</em:maxVersion> の様に書き換える. これにより対応バージョンが2.0.* となる

なお,パスの

 ~/Library/Application Support/

部分はMac OS X の場合.
Unix 系だと,

~/.mozilla/

Windows 系だと

~/Application Data/Mozilla/

以下となる.

7jb5bi4s.default 部分は,ランダムに決められる.後ろのdefault 部分はセッションマネージャ等で指定可能.

 {F78DC607-BB30-4e13-9E47-2C2E162E9094} 部分はextention 毎に違う.わからない場合は,.xpi を展開した中の

 <Description about="urn:mozilla:install-manifest">
   <em:id>{F78DC607-BB30-4e13-9E47-2C2E162E9094}</em:id>

の部分を参照すると書いてある.

.xpi はzip file なので,unzip すれば展開出来る.

Firefox 側での回避(Forefox2.*)

※Firefox3 では項目が増えたようです.一寸下を参照してください.
既にinstall してあるextention がFirefox のVersionUp? で利用出来なくなった場合などは上の方法でも良いが,新規にinstall する場合には一旦展開して中身を書き換え再度パッケージングしなければならないのでめんどくさい. さらそれ対象バッケージが複数の場合もめんどくさい.

こちらの方法は,Firefox 側のVersioncheck を回避するので1つの設定で全てのextention が対応出来る.

方法は, prefs.js に以下を反映させるか,

user_pref("extensions.checkCompatibility", false);

URL に about:config と入力して,

extensions.checkCompatibility

真偽値

で作成し,値を

filse

とする.
既に設定が存在した場合は,値をfaise にするだけで良いです.
項目は右クリックのメニューから作成出来ます.

これで,Firefox extentions のVersioncheck が回避される様になります.

Firefox3

Firefox3 では少し変わったようです.方法は同じですが,

extensions.checkCompatibilityをfalse

に加えて,

extensions.checkUpdateSecurityをfalse

になったようです.b5 にて確認.



spam 避けですcheck を付けて下さい

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-05-18 (日) 21:18:27 (3381d)