インターバル撮影

今のところ Avidemux がお手軽そうです.

※以下はLinux 向けの方法です.Windows であれば付属の「Windowsムービー メーカー」で,出来ると思います.

Avidemux で動画作成(GUI)

IMG_4162.JPG - Avidemux_018.jpg
参考動画 > YouTube - Tina Time-lapse Avidemux tutorial

導入

$ sudo apt-get install avidemux-qt

起動後,File -> Open で画像の保存してるディレクトリを指定.
動画にしたいフレームの開始位置を下のスライドバーで決めてから 範囲を選択_019.png で確定. 同様に終了位置で 範囲を選択_020.png で確定.

フレームレートは,Video -> Frame Rate で設定できる.

右下の再生ボタン 範囲を選択_021.png ,Go -> Play/Stop,p key 等でプレビューが出来る.

動画の書き出しは右側の Video/Format を設定(とりあえずM-JPEG/AVIとか)して[file] -> [Save] -> [Save Video]

※D&D でソース画像を読みこませる場合は1枚だけD&D して下さい.D&D した画像枚数 x ディレクトリ内の画像が読み込まれるようです. ※解像度が高いと画面に収まらなくなります.[View]->[Zoom]で小さくしてみて下さい.

ffmpegで動画作成

撮影した画像をffmpeg で連結して動画にする例です. Linux で操作していますが,Windows やMac でもffmpeg を導入すれば同じ手順で可能だと思います.
#ファイル名の変更の辺りはWindows は別の手段を使う必要があります><

一つのディレクトリに画像を纏める/ファイル名を変更する

撮影した画像は複数のディレクトリに保存されている場合が多いので一箇所に纏めます.
ffmpeg は連番のファイル名に対応していますが,1から始まる連番でないと受け付けてくれないのでファイル名を変更します.

<追記> `-start_number` optionで開始ファイル名が指定できるらしい.

manには載っていない.`-h full`やFFmpegのFAQにあった

$ ffmpeg -h full | grep -m 1 start_number
  -start_number      <int>        .D...... set first number in the sequence (from INT_MIN to INT_MAX) (default 0)

</追記>

$ perl -e 'open(CMD,"ls -1|sort -n|");while($l=<CMD>){$i++;chomp$l;$f=sprintf"%04d.jpg",$i;print"mv $l,$f\n";rename($l,$f)}'

とか
実体のファイルは触りたくないけどコピーするとディスク容量を消費するのでシンボリックリンクを作成すると良いかもしれません.

ファイルの連結

とりあえず速度優先でモーションjpeg 形式で変換します. -r オプションでフレームレートが指定できます.画像によりここを調整します.

$ ffmpeg -r 24 -i ./%06d.jpg -vcodec mjpeg -sameq out.avi

ファイル形式の変換

いい感じの速度になったら画像形式を変換します.サイズは大分小さくなります. Youtube にUpload する場合はこの変換はせずにそのままアップロードしてもサーバ側で変換してくれるので最近はやってません><

$ ffmpeg -i out.avi -vcodec libx264 -f mp4 out.mp4

Googlecl でYoutube にアップロード

googlecl でアップロードする場合の例です.

$ google youtube post --category 'Entertainment' --title 'Timelaps video' --tags 'Timelapse' out.avi 

規定値では公開になっているので注意.アクセス制限には --access オプションを利用する
URL を知っている人のみアクセス可 -> --access=private
非公開 -> --access=protected

初回起動時は自動的にブラウザが起動して認証を求められます.この時のブラウザの要件がcookie/JavaScript? が必須となっています.なのでサーバやリモートのマシンでw3m などでは出来なさそうです.私はvps にX とfirefox を導入してssh 経由のX 転送を行いfirefox で認証を行いました.

$ ssh -X vps
$ firefox &
$ google youtube post --category 'Entertainment' --title 'Timelaps video' --tags 'Timelapse' out.avi

WinFF(ffmpeg のGUI フロントエンド)

今のところ画像連結の方法は解らない.

Stopmotion を利用した動画作成(GUI)

Stopmotion_012.png
Linux で動作するストップモーションの撮影,編集が可能なGUI のSoftware.
内部ではffmpeg やmencoder が呼び出される. ファイル名を1からの連番に並べ替えたりする必要はないのでお手軽だが,内部では同じ処理をしている.

/.stopmotion/packer/プロジェクト名/images/ にテンポラリとして画像ファイルが作成されるので注意.
※このファイルはStopmotion 終了時には削除される.
プロジェクトファイル内にも画像を含んでいるのでサイズが大きくなる.

以下はUbuntu 11.04 で動作確認.

導入

$ sudo apt-get install stopmotion

編集

AddFrames? 範囲を選択_013.png を押して動画にしたい画像を追加.
必要の無い画像は選択した状態でRemove Selection 範囲を選択_014.png を押して削除.

左下のFPS chooser でフレームレートを設定してPlay automatic ボタンでPreview再生をして速度を調整する.
※1~30FPS

調整が出来たら書き出しを行う.

File -> Export -> Video
ビデオファイル名には拡張子も付ける.拡張子を付けないと出力形式が不明なのでエラーと鳴る.
保存をしていなかった場合ビデオのファイル名保存の後にStopmotion の保存画面が出る.キャンセルするとビデオの保存もできないので保存する.
※stopmotion 形式のファイルは内部に画像も含んでいるらしくかなり大きくなる.
後は処理が終わるまで暫く待つ….

Tips

  • /home/mk/.stopmotion/packer/hoge/images/%06d.jpg: no such file or directory
    • ディレクトリ内を見るとファイル名の拡張子が大文字だった.ので小文字に変換することで出力できた.
      $ for n in ~/.stopmotion/packer/hoge/images/*.JPG; do
      > mv $n ${n%.JPG}.jpg;
      > done
  • Unable to find a suitable output format for '/media/ex/fuga
    • ビデオ書き出し時にファイル名に拡張子を付与する.


spam 避けですcheck を付けて下さい

添付ファイル: file範囲を選択_023.png 419件 [詳細] file範囲を選択_021.png 673件 [詳細] file範囲を選択_020.png 688件 [詳細] file範囲を選択_019.png 634件 [詳細] fileIMG_4162.JPG - Avidemux_018.jpg 485件 [詳細] file範囲を選択_014.png 695件 [詳細] file範囲を選択_013.png 629件 [詳細] fileStopmotion_012.png 685件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-10-30 (日) 22:58:01 (2733d)